2012年 12月 28日 金曜日


今年最後の撮影でした。




パンと暮らしの取材を受けるなんて
すこし前には想像もつかないことでした。

全てに、感謝を。



一筋の光を信じて、前へ進みたい。




2012年 12月 23日 日曜日


今年のレッスンは、すべて終了致しました。


たくさんの方々にご参加いただきました。
遠方なので通えなくて・・・などと恋しいお言葉も沢山いただきました。


いっぱいのありがとうを、みなさまに。


2011年から動き始めたはじめてのレシピ本が
この2012年に発売となりました。
活字でパンづくりを伝えることのむつかしさを痛感しました。



こんなパンの本が欲しかったんです。
パンづくりが楽しくて夢中になってます。
粉の味が感じられてとてもおいしく焼けて楽しいです。

そんなお声をいただく度に
あー、私の思うパンに共鳴してくださる方がいること
本当に嬉しく、パンをもっとずっと作っていたいと思います。

パンを続けられるということ、心から毎日感謝しております。
生徒さんの笑顔や、おいしいという笑顔に励まされながらも
いつまで続けられるのだろうという不安も共に抱えております。

きっとみんな、幸せと不安の背中合わせ。


でも今に感謝しながら、できることを精一杯やってゆこう。
私にできることは
美味しくてからだが喜び、簡単にできる素朴なパンづくりを
すこしでも多くの方々に伝えてゆくこと。


やってみたいことが幾つも頭の中にあります。
紙に書き出したものもあります。
しっかり芯のあるものに仕上げて
どんどん動かしてゆきたいと思います。





2012年 12月 21日 金曜日


もっとゆっくり流れて欲しい
なぁ。



時間は、瞬く間に過ぎ行く。

明日で、シュトレンのレッスンはおしまいです。


あ、シュトレンといえば
エッセの小林編集長が
私のパンとシュトレンを、ブログに載せてくれてます。


ありがとー、こばさん。




2012年 12月 16日 日曜日


朽ちゆく美しさ





乾き澄んだ夜空。



鮮やかな季節も好きだけれど
哀愁の季節のほうが愛しい。

景色も 音楽も 物語も
涙がつうっと流れるものが愛しい。

私が時折綴るこの文も
どんな方々が読んでくださっているのか
それを全て知ることはできませんが

同じ文でも、読み手によって捉え方は様々になりますが

何か心に残るといい。
ほんの僅かでもいい。
誰かの源になるといい。



1月のレッスンの予定が出ております。



ほそくながく。




2012年 12月 11日 火曜日


シュトレンレッスン、たくさんの方にご参加いただいてます。
ドライフルーツの瓶もかわいい!と
喜んでいただけて、わたしもうれしゅうございます・・・
(夜な夜なドライフルーツ刻んでは漬けております)


1年とは本当に瞬く間に過ぎ行くもので
ということは、1ヶ月なんて あっ!という間なわけで・・・。

1月のメニューは、15日(土)から募集いたします。

1月限定となってしまいますが。
新年のささやかなおくりものをご用意します。



toiro のひつじのトイちゃん(名前つけてもらいました、♀です)の
パンをせっせと焼く、初々しい姿のスタンプを押したエコバッグ。

かわいいですよ・・・


あと、最近オンラインクラスへのお申し込みを何度もいただいております。
ごめんなさい。まだ開講は未定です…。

レシピと私が焼いたパンを送って・・・という
通信レッスンも楽しいのかなぁ、と模索中です。
(あまりたくさんの方の対応を出来ないのが心苦しいですが)

興味あるひといるかなぁ。
興味あればメールくださいませ。




2012年 12月 8日 土曜日


風の強い中、今日のレッスンも楽しく終わりました。
ありがとうございました。

先月、旅行へ行ってきました!という生徒さん。
こんなにおみやげがいっぱい。




うわーん!

どれもおいしそう!(マスタードおいしかった!)
Fさん、いつもいつもありがとうございます。

おみやげ話もいっぱいで、話の尽きないレッスンでした。
本場のパン、直に見て味わってみたいなぁ。




2012年 12月 7日 金曜日


7歳になりました。



本当に私はダメな母親で
本当に何にもしてあげられてないけれど

私を選んで、生まれてきてくれてありがとう。

あなたたちに立派な背中を見せられるよう
母はもっと必死にがんばります。




2012年 12月 5日 水曜日


シュトレンレッスン、はじまってます。



クリスマスも、もうすぐそこまで。

「よいお年を。」
という挨拶が飛び交う、12月のレッスン。

新しい年も、もうすぐそこまで。



老麺育ててみてます。
発酵は本当に面白い。




2012年 11月 28日 日曜日


ひゃー。



同条件で同時に仕込んだレーズン酵母。
今朝ふたを開けた直後の様子ですが
こんなにも違うのです。

面白いですね。
思うようにゆかないものや
数字の通りきっちりとゆかないものは
わくわくしちゃいますね・・・。





2012年 11月 25日 日曜日


シュトレン、残り僅かになってまいりました。



ランチには、加水多めなリュスティックを
私が焼いて、お出しする予定です。
おたのしみに。

年始には、プレゼントを差し上げれたらなぁと
こそこそ準備中です。
(予定は未定ということで・・・気長にお待ちください)




2012年 11月 21日 水曜日


秋晴れ。
町田市立国際版画美術館にて
葛飾北斎と、歌川広重の作品展を観てきました。



繊細な仕事を目の当たりにすると、刺激を受けます。

版画教室もあるようで、工房を覗いてみると
インクの香りが脳までも刺激するようでした。
今度ハナを版画教室に誘ってみよう。

fremont にて、宿り木の番長にばったり。
しめ縄の納品。
早速連れて帰ってまいりました。



番長のあまたのなかをのぞきたい・・・。
なんでこうも様々なものを生み出せるのか。
私も同じ、生む仕事。
がんばろう。


生徒さんさま。



ボウルをご注文頂いた方。
安く買えたので(やったー)、おひとつ817円です。




来年のシュトレン用ドライフルーツ。
一瓶、1,100円です。
これ欲しい方、メールくださいね。




2012年 11月 20日 火曜日


寒くなりましたね。



少しゆっくりにはなりましたが、酵母はいつも元気いっぱい。


あっという間に20日です。
そして月末になり
2012年最後の月になります。
ひえー。



12月のシュトレン、たくさんのご予約ありがとうございます。
ラム漬けは終了しましたので
ブランデー漬けでのご予約となります。

引き続き、ご予約お待ちしております。




2012年 11月 18日 日曜日


生徒さんさま。

ボウルですが。

本当に申し訳ありませんが
20日の17時で締め切らせていただきます。

もしかしたら、800円台で買えるかも・・・。
ラッキー。

くさるものではないので 笑
ちょっと来月は取りに行けない・・・という方も
ご心配なさらず、メールくださいませ。




2012年 11月 17日 土曜日


今日も楽しいレッスンでした。
ありがとうございました。
(空気乾いてて・・・おせきゴホゴホしちゃってすみません。
Kさん、のどにやさしい飴ちゃんありがとうございました。)


私のおひるごはん。↑
時間も雰囲気も、おやつですね。笑

シュトレンのラム漬けが終わりましたので
これからは、ブランデー漬けでのご予約となります。

ラムレーズンを連想するようで、ラム希望者が多かったですが
ブランデーも、とってもおいしいですよ。

私も自分用は、ブランデー漬けで焼きます。

シュトレンは、ラッピングもします。
食べごろは、5日後からとなります。
おたのしみに。




2012年 11月 14日 水曜日


歩粉の本が出ました。



出版記念のイベントがあるとのことで
いってまいりましたよ、恵比寿へ。

思いがけずお会いできた、ライターのTさんや
やっとお会いできましたね、のAさん。
そしてこの本の著者である磯谷さんとも
粉仲間(笑)らしい楽しいお話ができました。

サインもちゃっかり。



素敵な本を目の当たりにすると、
背筋がぴんと伸び、気が引き締まる思いです。

がんばらなきゃ。
くよくよしてても、なんにも始まらない。


シュトレン予約、始まっています。
材料に限りがありますので、お早めに・・・。




2012年 11月 10日 土曜日


生徒さんへ。



教室で使っている、深いボウル。
欲しい方、いらっしゃいますか?

ちょうど道具を買い出すので
欲しい方は、メールくださいませ。
価格は、916円です。
11月22日午前まで、お待ちしております。




2012年 11月 4日 日曜日


大好きな空気を感じることの出来る場所へ。











どこを見上げても広がる青い空と
行く果ての見えない海を見ていると
自分のちっぽけな存在に、はっとする。

こんなにも小さな世界でもがいていたのか。
もっともっと、広い世界を見つめたい。





2012年 11月 2日 金曜日


パンの発酵ように、ゆっくりでいい。
慌てないで、比べないで。



きっとみんな、何かを抱えて生きている。
抱えているのもは様々なのだろうけれど
その事柄が、他人から見てどうであるとか
大きいとか小さいとか、そういう問題ではなくて
自分がどう噛み砕き、消化し
そして越えてゆかねばならないのか、ということ。



自分の前にそびえ立つ壁は
自分がこの世に生を受ける前に定めてきたそう。

そう、その壁は
自分なら越えられる筈だと
自分で定めてきた壁。

だからきっと、越えることができるはず。




2012年 10月 28日 日曜日


既に静電気バチバチなワタクシでございます・・・。

だから家電がすぐに壊れるんだ!と
買ったばかりのCDプレーヤーを、リモコンで操作するよう勧められるも
リモコンが壊れるのではという結論・・・。
アイフォンも、時々私の指示を無視します。
わはは。




Tさんからのおみやげ。
私のあんこ好きは、既にご存知のようでした。



トーストは網で。



omi さんのお菓子。
とても美味しゅうございました。


10月のレッスンは、昨日で終了いたしました。
みなさまのご参加、ありがとうございました。
11月のベーグルも是非ご参加ください。

只今、脳内でボレロがリピート中。
(↑リンク貼ってあります、是非ご拝聴くださいませ)

年末へのカウントダウンが始まったようです・・・。




2012年 10月 23日 火曜日


今日のレッスンも、楽しく終わりました。
緩やかな人数でしたが
話に花が咲き乱れ、あっという間の時間でした。

11月の土曜日レッスン
10日がなくなり、24日に変更となっております。
どうぞご了承くださいませ。


写真は、宿り木さんにて。美しい紫陽花が目を惹く。)


玄関先に置いているドライフルーツが気になる季節になりましたね。

シュトレンの募集は、11月15日からとなっております。


そして、とてもとても残念なのですが
ブログでお世話になっていた「男子食堂」が休刊となります。
(いい雑誌なのに・・・なんでだー!)

というわけで
私のブログもなくなります。
今のうちに、ご一読くださいませ。





2012年 10月 21日 日曜日


静かな土曜日の夜のお店で
ひたすら語りまくっていたのは、わたくしたちです。




見つめている先が同じである人たちとの語らいは
こうも楽しく糧になるものだろうか、と しみじみ。

たぶん
がんばっているわけじゃない。
自分の大切なものを貫きたい。
きっと、ただそれだけ。

本気になったことのあるひとは
その人の真髄を静かに見つめる。
それは、自分がいろいろなことを感じていなければ
きっと見つけられないものだろう、と。

素敵な人に囲まれている私は
なんて贅沢な人間なんだろう。

ようやっと
贅沢の意味が、わかってきたところです。




2012年 10月 17日 水曜日


昨日は、下北沢へ。

先日のイベントの反省会、という名の下の お喋り会。


下北沢は、カレーをメインとしたイベントが行われるようで
街中のかほりが、とって
もカレー。
そしてチラシを配るカレーマン。笑
黄金の全身タイツで、ごくろうさまです。

素敵なお店を回り
あのお店の跡地がこんなになっちゃった、と がっくりし
イメージ通りの私服の俳優さんを見かけ喜び(私だけか)
いい1日でした。がんばろう。

私が産まれた時の暮しの手帖をいただきました。
なぎなぎ、ありがと。




今日は、宿り木さんへ。



雨が降りそうだったので
雨女、予定より少し早目に。

番長さんとしゃべりすぎた、うんうんよくしゃべった。


芯のある方はやっぱり、いい。

芯がある っていうと
「私はこうだからこう!」って、頑なな印象があるかもしれないけれど
違うんだよなぁ。

いろいろな色に染まることもできる。
でも、染まり方が確実に違う。
ただ単調に染まるのではない。

ううん、言葉って むつかしい。




2012年 10
月 15日 月曜日

当たり前のようにやってくる
あたらしい げつようび。


朝、当たり前のように目覚めること
夜、当たり前のように眠りにつくこと

大切に感謝してゆきたいです。


tocotoco vol.20
富澤商店さんをおすすめさせていただきました。
111ページです。





11月の募集も始まりました。

イーストレッスンはおやすみさせていただきます。
レーズン酵母+イーストのレッスンは
麦の香り豊かな、全粒ベーグルです。
発酵食品であるお味噌を、おいしくいただきます。

また、イベントでもお出しした
たまごとバターを使わないクッキーの作り方をお伝えします。
味噌を合わせて。

パンを焼くのにぴったりな気候。
ふらりと、お越しくださいませ。




2012年 10
月 10日 水曜日

11月は、イーストレッスンをおやすみしようかと思っております。

酵母レッスンのみ。
でも、一緒に



クッキー焼きます。


先日、器と酵母の善き暮らし というイベントでお出ししたクッキー。
作り方を知りたい!というお声が多かったので・・・
でも、それは8月に習った方がいらっしゃるので・・・

ちょっと面白美味しく改良しました。

募集は、10月15日からです。


あと
もうすぐ、シュトレンですね。

玄関先に、年頭から漬け込んであるドライフルーツを
たっぷりと使って、全て手で混ぜるシュトレン。
2本焼いて、お持ち帰りいただきます。

そうなんです。
ドライフルーツの量に、限りがあるのです・・・
去年レッスン受けたのに、今年も受ける!という方が多いのです・・・

おはやめに。

募集は、11月15日からです。




2012年 10
月 8日 月曜日

三連休も今日でおしまい。

わたしもはなひなも
ぎゃーぎゃーわーわーだったので
ひー、くたびれた。笑

最後まで、付き合わせてしまいました。
矢部にある、ATPへ。





お目当てのも
のには出会えませんでしたが
欲しいものはいろいろありましたよ?
また出会えますように。

さあ、週前半は試作をしっかりと。

私には、夢があります。
余り時間がないので
少し、駆け足で。


※最近、お申し込みをいただいた生徒さんに
メールを送れないということが増えております。
フィルター解除していただくか、PCアドレスも添えてください。
どうぞよろしくお願いいたします。




2012年 10
月 7日 日曜日

三連休の、真ん中の日。

おいしいベーグル求めて、レッツゴー!

上北沢の線路沿いにある、kepo bagels。

焼きりんご、プンパニッケル(キャラウェイシード)、黒豆もち。



西荻の、ポチコロベーグル。

プレーン、ブルーベリー
クランベリー、黒糖ミルク。



手紙舎さんに寄り



ゴールは、fremont さんの冬飾り展



連れて帰ってきました。



ずっと気になっていた台も買おうと思いましたが
売れてしまっておりました・・・。残念。

女三人でドライブ♪
なんて言ってますが
私がずっと行きたかったとこに付き合わせてるだけなのかも。





2012年 10
月 6日 土曜日

こんなお弁当毎日作っているお母さんって
すごい精神力なのではないでしょうか・・・。



長女の遠足のお弁当でした。
たれ目で内気なペンギン女子に仕上がったでしょうか。
・・・ふう。



なにかと行事の多い秋です。
今日は、次女の運動会でした。



いい日和過ぎて、 あづい。笑

我が子の成長を客観的にしっかり見つめることのできる行事は
本当に楽しみだし、先生方には頭が下がります。
そして私の日々の活力にも繋がります。
子供の成長に負けぬよう。

さっ。
連休明けたら、試作と思索。
えいえいおー。



あ、今月のとうもろこしパン。
とうもろこしの缶詰を使いますが
ちょっとだけ変わった使い方です。
バターとたまごなしでも、しっかりおいしいですよ。

お子様連れOKな日もありますので
何歳児までなど、制限はありませんので
参加してみてください。
誰かと話すことも、とてもいい息抜きになると思います。
きれいごとなんて言いません。
子育てって、本当に息の詰まるものですから。

あ、あと
時々メールで、パンについての質問をいただきますが
ごめんなさい、基本的にはお答えできません・・・。
ケチ!とかじゃなくて 笑
どれくらい作れるのか、どういう状況で焼いているのか
その方のことを知らずに中途半端なお返事はしたくないなぁ、と思っております。

・・・ケチなのかな。




2012年 10
月 2日 火曜日

「うまく進んでいるようで、安心したわ。」





毎日電話があるわけではないけれど
しょっちゅうメールを送り合うわけではないけれど

いつもどこかで
わたしのことを思ってくれている方がいるということ。
とびきり素敵な方が、私を案じてくれているということ。


いっぱいお金があることでもなく
ひろいおうちがあることでもなく


しあわせだなって思えることは
こういうところに在るのかもしれない。




2012年 9月 29日 土曜日


器と酵母の善き暮らし、楽しい二日間が終わりました。




ありがとうございました。
















酵母を仕込んだ瓶をのぞきこみながら
発酵する様を想像しているであろう表情は
とても素敵な笑顔ばかりでした。

定員各8名様、二日間で32名様の予定でしたが
参加したい!という嬉しい声をたくさん頂戴し
二日間で36名様にご参加いただきました 。
(器の都合で、ここがぎりぎりという人数でした)

色々な方々とお話できて、なんだかうれしかったです。

また、日和のいい春先にでもできたらいいな、と。


酵母のこと、レッスンでも詳しくお話します。
ご興味ある方はお越しくださいませ。

fremont のオーナーさま。
器の安江かえでさま。
画を展示してくれたなぎささま。



心から、ありがとうございました。



パン教室ですが。
10日 水曜日 とうもろこしパン
追加となっております。


涼しくなりました。
オーブンに向かいながら
レーズン酵母と向き合ってみてください。




2012年 9月 26日 水曜日


素敵な器、ずらり。




器と酵母の善き暮らし。

いよいよ、明後日からです。

先程、参加者さまの名簿をいただいてきました。


楽しみだなぁ。


さて、明日は都内某所で打ち合わせ。
これもとっても大切な打ち合わせ。

イベント同様、準備万端で臨みます。





2012年 9月 25日 火曜日


真剣に向き合ってみました。



鍋底の焦げと。




慌しい時に焦がしてしまうのが常である、鍋底。

勿論私も慌しい時に
焦がしてしまったのですが
あーっ!もう!
という嘆きと共に、その焦げを見てみぬふりをしていました。


今日、カレーを作ろうと思い取り出した琺瑯の鍋。

鍋底には、黒い跡。

あ、この鍋
焦がしたんだったなぁ。

昔の味わいある、いただきものの琺瑯の鍋。


今日は、
ゆっくり じっくり 向き合ってみました。

ごしごし
ごしごし


投げ出さず、時間をかけて。



あ、
取れた。




私に最も足りない姿勢。




酵母は今日も元気いっぱい。




2012年 9月 24日 月曜日


33歳になりました。



fremont オーナー様からいただきました。
素敵な一輪挿し、ありがとう。

(宿り木さんとイベントをなさるそう、フライヤ届いてます。
生徒さんたち、今度お渡ししますね )

お友達からお茶のお誘いもいただいたのですが
イベントの準備やらで、残念無念断念。
(eちゃん、また近々)

この一年。
あまり振り返りたくはないのですが
振り返ってみると・・・色々ありました。

なんでこんなにたくさんの事が
めまぐるしく起こるのだろうと悩んだ時期もありましたが
自分をうんと強くするための「過程」だったのであろう、と。

本を出版したり、新しい経験を出来たり
楽しいこと、嬉しいこともいっぱい!
これからも楽しいことが起こりそうな兆し。

そうそう、下向いてちゃだめ。
ななめ少し上を見てゆこう。

素敵なぞろ目の一年にしてゆきますぞ。




2012年 9月 20日 木曜日


天然生活 11月号

石けん はじめて物語
日奈と一緒に出ております。
84・85ページです。



泡いっぱいの日奈の笑顔を。


さて・・・
来週末となりました。

「器と酵母の善き暮らし」


29日 11時 13時共に
残り1席ずつとなっております。

実はまだ、予約リストを拝見しておらず 笑
どこに誰が、というのがわからないのですが
それは、当日の楽しみにしておこうと思っております。

たくさんの方々に出会えることを
心から楽しみにしております。
酵母のみならず
いろいろなお話ができるといいなと思っております。




2012年 9月 17日 月曜日


昨日は、久しぶりの日曜日レッスン。
ご参加くださった皆様、ありがとうございました。

ふたが飛んでお部屋がレーズンだらけになったIさん。
思わず笑ってしまう気持ち、わかります。

娘さんの麦茶ばっしゃーん攻撃でレシピが・・・なKさん。
ばっしゃーんも今のうちです。楽しみましょう。笑

1日に6個もパンを食べちゃったというTさん。
うんうん、食欲の秋です。




ホノカアボーイ。
高山なおみさんのお料理見たくて借りました。

正直それ以上は余り期待をしておりませんでしたが
スタイリングや画はもちろん
内容までもがすばらしい映画でした。

これはすかさず、原作を読んでみなくては。
(あと、マラサダも作ってみたい)


読書の秋
食欲の秋
芸術の秋

まぁきっと、なんでもいいのでしょう。

何をするにもしっくりくる季節。
今年の秋もとても短そうですが
涼やかな風を感じたら
自分の内なる部分を潤す、いいことを。




2012年 9月 15日 土曜日


10月のパン、募集はじめました。

少ないイーストは、とうもろこしパン。
酵母と少ないイーストは、雑穀パン。

実りの秋だから?
なんとなく穀物に心が揺れて揺れて
このようなメニューとなりました。

初心者さんも、慣れっこさんも
みんな揃ってご参加ください。


9月19日(水曜日)
酵母のレッスン追加いたしました。


青チーズと蜂蜜のパンです。
口にしたら皆、チーズのように目がとろり。


今日は仕事を早めに切り上げ
宿り木さんへお邪魔しました。



いつ伺っても、なんとも言えぬ味わい。
いればいるほど、もっといたくなる。

今日はマミー(おばあちゃん)へ
日々の感謝を込めて
花束をふたつ、作っていただきました。



「老人扱いだなんて、やぁね。」
と言いながら、その目尻は下がりっぱなし。

まぁ、お花を贈る口実ってことで。

「おばあちゃん、いつもありがとう」




2012年 9月 13日 木曜日


来月のパンは、15日にご案内いたします。



おたのしみに。


9月19日(水曜日)
酵母のレッスン追加いたしました。


初心者の方も大丈夫。
パンは一度も作った事がない方も大丈夫。

思い切って、一歩を踏み出してみてください。


今年も残暑が厳しく。

昨年のように
秋は、うんと短いのでしょうね。

秋風が吹いてくると、私の誕生日もすぐそこで。
いろんなことがめまぐるしく起った、32歳の1年だったなぁと
ついつい振り返ってしまいます。

喜びもたくさん。
憂いもたくさん。

でもきっとそれが
生きる ってことなんだろうな。




2012年 9月 7日 月曜日


今日の生徒さん。
遠路はるばるありがとうございました。



9月16日(日曜日)

酵母のレッスン追加いたしました。

久しぶりな日曜日レッスン。
普段なかなか、という方も
是非ご参加くださいませ。


今日のレッスン中のこと。

他のお教室に通われていて
私の教室に来ると
???なこと、とても多いかも知れません。

でもいつも思っていることは
なんとなく腑に落ちずにいたことが
すっきりしてくれるといいなぁ、と。

はっきりしないけど、悶々としてること。
きっとみんな、ありますよね。

私もたくさんありました。
だからそこを明るくするのが、私のお仕事。




2012年 9月 3日 月曜日


2012年、あと4ヶ月。



すうっとすり抜ける秋の風を感じながらも
あついあついという口癖が抜けずにいます。


あついあつい8月後半は、スコーンとクッキーのレッスンを。
バターは使いません。


自家製トマトジャムとサワークリームを添えて。

いよいよ今月末は、器と酵母の善き暮らし。
はじめましての方々にお会いできるのがとても楽しみです。
あまりむつかしいことは考えずに
酵母と接していただけるようにと思っております。




2012年 8月 28日 日曜日


いつもバタバタしていて
全然かまってやれていない我が子と
旅行へいってまいりました。
だいすきなおばあちゃんも一緒です。
(東京・神奈川を出るのは久しぶりだなぁ。


ヒナがまだ小さいいのと
イヤイヤ期がすさまじい(苦笑)ということもあり
できるだけホテルで楽しめるようにしました。
シェフ体験なんてのもあったんですよ。



海の見える道をずっとずっと走る旅だったのですが
ハナは車窓から眺める海の青いキラキラが大好きだったようで
「きれいーー!」と感激してました。
帰りに海が見えなくなるときは、とても悲しそうでした。


戸田幸四郎絵本美術館にて。


りょこうたのしかったね!
またいきたいね!と、ハナ。
うんうんそうだね、またいこうね。

さあ、私はいろいろ考えごとをまとめたり
試作と思索を重ねる日々になりそう。
でも、考えて生み出すことは
ほんとうにほんとうに楽しくって。

昨日からクッキーとスコーンのレッスンはじまりました。
クッキーはもちろんですが、スコーンも好評です。
(いやぁ、苦悩しながら試作し続けた甲斐がありました。)
トマトのジャムを添えてお出しします。

31日金曜日、まだ空きがございます。
前日でも大丈夫です。
お気軽にお越しくださいませ。




2012年 8月 22日 水曜日


しゅっ!
しゅわー。
(酵母のふたを開けたときの様子を表現してみました。)



これ、楽しいかもなあ。

と思いつき、また色々仕込んでみたりしています。


月曜日、撮影でした。
スカイツリーのある駅まで行ってまいりました。

ひえー、おっきー!
おのぼりさんなワタクシ。笑

スカイツリーやヒカリエなど、新しいスポットができるたび
「三年後でいいや。」というくらい、混んでるところが苦手。
きっとスカイツリーも三年後だなぁ、なんて思っていましたが。
見ちゃった!ひえー。
真下から眺めるスカイツリーの大きいこと。(当たり前か。)
ハナヒナにも見せてあげたい・・・。

・・・

先ずは、東京タワーからかな。


その後は、友人と一緒に焼き鳥。
私に時間の限りがあったので、本当少しの時間でしたが・・・楽しかったなぁ。
そして彼女の話のおかげで、気持ちが軽くなった!
えっちゃん、ありがと。


toiro に来ると、とても楽しいし気持ちも軽くなる。
という教室になれるように、精進したいと思います。
それも私の大切な役目だから。




2012年 8月 21日 火曜日


あちこち足を運んだ、この数日。

師匠と一緒に、ラ・セゾンへ。
(師匠の先輩が、オーナー西條さんなのです)

師匠が
「これ絶対食べて欲しいの!」と買ってくださったのが
ベルリーナラント ブロートブロート という
ライ麦70%配合のドイツパンでした。

濃い目のライをお使いとのことで
「ほら、こういうのってさ 肉とかと食べたいじゃない。
だったら濃いほうが絶対いいでしょ。」と、西條さん。



(サーモンですが・・・許していただけますか?笑)

最初にスライスして、そのままいただきました。
なんだこれは!驚くべき口溶け・・・。
師匠がよく「口溶け」について指摘しておりましたが
それが最近 ようやっと解ってきた気がします。
ほんのすこし、ですけどね。


そしてそして。
前職で大変お世話になった方とお会いしました。
たぶん、10年ぶりくらいかなぁ。
相変わらず、とってもパワフルな方でした。


20歳そこそこで 一人前ぶっていた当時の私では
到底気づいたり感じたりすることのできなかったであろうことが
様々なことを経験したこの歳になって、 分かち合えるようになった気がします。
何か一緒に、素敵なことをできればと目論見中。
わくわくするなぁ。


そしてそして。

1月程早い、お誕生日の祝い合い。
(お祝いは、早いほうがいいですものね。)

ちょっとユニークなお店で、スパイシーなお食事とすこしのお酒を愉しみ
暗黙の了解で用意した、プレゼントを交換。



ありがとう、大切に使うよ。


昨日の撮影、そして焼き鳥のお話は。また。


まだまだ暑い日が続きますが
9月の予定、出ました。
少しずつ、オーブンの前に立ちたくなる季節が訪れます。
パンをはじめてみませんか?




2012年 8月 15日 水曜日


おそうじ、一緒にしようね。

と、ひとりひとりに
ちょっとかわいい、ぞうきんを手渡しました。



楽しそうに、床の雑巾がけ。
率先してドアや壁なども拭いてくれました。
(でもそれで、食卓拭くのはやめてね。笑)

ほら、ぴかぴかって きもちいいでしょ?というと、
ぴかぴかの笑顔もふたつ。


8月も半ば。
9月のレッスン予定をご案内中です。
是非ご参加くださいませ。

今年ももう終わってしまいそうです・・・。
早いなぁ。

さて、週末はずっと会いたかった人たちに会ってきます。
もっと会いたい人たち、いっぱいいるんだけれど
忙しそうで、声をかけづらかったり
予定が合わなかったり
なかなか会えないもどかしさったら。


でもきっと会えるはず。
心から会いたいと願っているから。




2012年 8月 10日 金曜日


fremont さんで見つけた古い本。
星が近くにあるように感じることの出来る本。



長女にと思っていたのですが
次女のほうが気に入っていて
毎日必ず一度は眺めています。

星を見て
わあっ、きれいだね!と
心から叫ぶことのできる子になって欲しいと願いながらも
慌しい毎日の中、ついつい現実を突きつけてしまいます。

でも子供のちいさいうちは、本当に手が要って
そんな余裕もなかなかないもの。

目に映るもの、耳に聴こえるもので
感じることを、大切にしていければ。
一緒に感じることができれば。

夏と秋の狭間に感じる風。
耳に聴こえてくるのは、キセルの歌声です。

みなさまに聴こえるは、どんな歌声?




2012年 8月 7日 火曜日


ハナの熱望により
青島広志さんのコンサートに行ってまいりました。



フルートを習い始めてから
やはりこういうコンサートにも興味が沸いてきたようで。

青島さんのコンサートははじめて。
とてもすばらしいコンサートであったのは勿論ですが

棒を振って、お話して、休憩中は本を売って、サインして・・・

あのスタミナはどこから・・・

わたしはまだまだだなぁ・・・と、
反省をしたのは言うまでもありません。


終演後は、ブルーダルくんグッズを。


公益法人制度改革により、神奈川フィルが解散の危機なのはご存知ですか?
神奈川県から交響楽団がなくなってしまうかもしれません。

クラッシックを愉しむ一人として
どうか神奈川から、貴重な財産をなくさないで欲しいと願っています。

コンサートへ赴くのは勿論、募金は勿論ですが
ブルーダルくんグッズの購入も、募金に繋がるそうです。

皆様も是非、コンサートへ足を運んでみてください。
そんなに敷居の高いものではありません。
うんと身近なものなのです。




2012年 8月 3日 金曜日


9月28日 29日
町田のfremont さんにて

「器と酵母の善き暮らし

というイベントを行います。
HPに、写真を載せました。




メールとお電話にて、ご予約承っております。


fremont
042-732-8834
fremont@aurora.ocn.ne.jp


まで。
お待ちしております。




2012年 8月 2日 木曜日


葉月でございます。


(都内某所にて、ハナ。)

まだまだ先だと思っていると
あっという間に、その日はやって参ります。

9月28日 29日
町田のfremont さんにて

「器と酵母の善き暮らし」

というイベントを行います。


私からは、自家製レーズン酵母の作り方
そしてその酵母との上手な暮らし方をお伝えします。
酵母の味わいを感じることのできる
簡素なものも、ご用意いたします。
その簡素なものを鮮やかに彩るのが
安江かえでさんの、器です。
toiro のひつじを描いてくれた
濱田渚さんの絵の展示、ポストカード販売もあります。

一緒に作った一瓶の酵母と
この器、お持ち帰りいただけます。

メールとお電話にて、ご予約承っております。


fremont
042-732-8834
fremont@aurora.ocn.ne.jp


まで。
お待ちしております。




2012年 7月 26日 木曜日


お暑うございます。

暑い中、私のパンの本は
とてもいいところに飾っていただけてるようで
とてもうれしい今日このごろです。多謝。


都内では割と平積みなようですね。
ありがたいなぁ。

最寄の相模大野の本屋さんも
とても目立つところに、たくさん置いてくださってます。
いい本屋さんだ!笑


(これは都内某所、大型書店。)


瞬く間に、8月がすぐそこまでやって参りました。

8月前半は、動物性のものを使わないピッツァ。
そして後半、お菓子を2種類お伝えします。

パンを作ったことがないからと
なんとなく二の足踏んでる、そこのあなた。

手取り足取りお教えします。
その為の少人数制。
どうぞ、お気軽に。




2012年 7月 17日 火曜日


☆7月25日 水曜日 ビール山食
追加レッスンを行うことになりました。
食パン型の関係で、残2席となります。
ご参加くださいませ。


8月のイーストレッスンでは
ベジタリアン・ピッツァと
フォカッチャ
を作ります。

暑くっても、きっと
昼間の楽しい時間になりますね。

というわけで、試食の際
ビールなどをご用意します。
もちろんノンアルコールもご用意しますし
ギネス、ハイネケンなどでも。




お申し込み後、何を飲みたいかオーダー承ります。


夏だしね、
楽しくて有意義な時間に。




2012年 7月 14日 土曜日


☆7月25日 水曜日 ビール山食
追加レッスンを行うことになりました。
食パン型の関係で、残2席となります。
ご参加くださいませ。


tocotoco 8月号
本日発売です。



マザー7人の「食べること 作ること」
とてもかわいらしく、載せていただいてます 。
レシピもあります、是非手にとってくださいませ。

ESSE(扶桑社)の小林編集長が
ブログに私の本のことを書いてくれております。

ありがとうございます、感謝感謝。


先日、突発的に 黒髪にして
ばっさり、ショートヘアにしました。
(原田知世さんのようになれなかったのは言うまでもありません…当たり前か)

ちょっとまだこの自分に慣れてないけど
すっきり、心も一掃。
もやもやしたものも一緒に
切っちゃったかな?

8月のレッスン予定、明日アップします。

みなさまのご参加、お待ちしております。




2012年 7月 11日 水曜日


子育てって



想像していたように、優雅で穏やかなものではない。
これは、時折胸が熱くなる喜びのある
長い戦いなのではないのかと私は思います。

私だってそう、毎日戦いながら過ごしています。
もっとじっくり仕事に打ち込みたいし
もっとゆっくり本を読んだりしたいけれど
まぁ今は諦めております。(当たり前か)

自分の速度でいいんだと思います。

中には、なんでも手作りしていつも笑顔で
子育て疲れないのかなぁって思ってしまうようなお母さんも。

でもそれはその方の速度であって
あなたがあえて合わせる必要はないわけで
各々に適した速度があるはず。

どうか慌てないで。
(自戒も含め)




2012年 7月 7日 土曜日

七夕さま。
みなさまのお願いごとは、なんですか?

私のお願いごとは・・・。

「わたしのパンで、笑顔がうまれますように」



なにかとても大切なものを忘れていたような気がします。

余りにも当たり前すぎて
こんなにも大切なものだったんだ、と
今更痛感するようなものを、忘れていたような気がします。

よくよく見渡してみてください。
それを見つけたら
暖かな眼差しで、見つめなおしてみてください。





2012年 7月 3日 火曜日

もう、文月。



早いですね。

生徒さんたちから、丁寧な本の感想をいただいております。
本当にありがたく頂戴しております。
(サインは すごーく、ちっちゃく書かせていただいております・・・)

先日レッスンに参加してくださった
fremont のオーナーさんが
「あんな美味しいパン、私にも焼けるんですね」 と。

そうなんです。
少々見た目が不恰好だったりするかもしれないけれど
おいしいパンは、誰にでも焼けるのです。

私のレシピには
美味しく仕上がるポイント、たくさん組み込まれています。
何とも思っていなかったことが、案外大切だったりするんです。

たくさんの「パンの人」が生まれるといいなぁ。
そう、あなたが来るなら あのパンも来るんでしょ?という「パンの人」。

そんな私も明日は、パンの人。
あなたのパンは何でも美味しいからって言われると
なんだか、とってもうれしいですよね。

そのうれしいが、パンにも伝わります。
おいしいパンが、焼けますように。




2012年 6月 27日 水曜日

梅雨は何処へやら、今日は快晴。
私は引き篭もって、あれこれ。



ビール山食、発酵中。


7月4日、7月6日
両日共に空席ございます。
帰ってもう1斤焼けるように
復習生地と、ワンローフ型もついたお値段です。
(アルタイト型です)

なんだか、あっという間に
8月の足音が聞こえてきそうですね。

まだまだ先、なんて思っていると あっという間。
9月には、 イベントを行う予定です。
詳細は、また追って。


わたしのパンの本。
すこしでも多くの人に、届くといいな。

最近そればかり考えています・・・。




2012年 6月 26日 火曜日

本屋さんで、見かけましたか?この子。



「少ないイーストで、失敗のないパンづくり」
(文化出版局)

手にとって、ごらんいただけましたでしょうか。

私の、はじめてのレシピ本となりました。

先ずは、この本を出版するに当たり
たくさんのお力添えをいただいた方々に
心からありがとうを伝えさせてください。

そしてこの本の出版を、自分のことのように喜んでくれた
生徒さん、お友達、そして家族にも、
心から、ありがとうを。

この本に対する思いを書いていきたいのですが
なんかもう 書き始めると、まとまらなくって。笑
なので、すこしずつ書いていこうと思います。

今回本を出版するに当たり、大切にしたことを幾つか。

まずは、写真。

写真に写っているパン達は、さっきオーブンから出たばかりの
湯気立つ、あつあつの焼きたてパンです。
作り置きはせず、焼きたてで撮影をお願いしました。
(ちぎってあるパンの皮とかよーく見てもらえるとわかります。)

少しでも香りが伝わりそうな本にしたかったのです。

そして、副材料。
フィリングとも言いますかね。

できるだけ、スーパーマーケットなどで揃うものに厳選しました。
ごめんなさい、100パーセントとはいきませんでしたが
「材料がないから作れない」というのは寂しいので
できるだけ手に入りやすいもので、レシピをつくりあげました。


パンをうまく作ることができず悶々とした数年前の私のこと。
最近のことのように、強く憶えています。
初心者だったあの頃の疑問や思いを解決できる本になるといい。

私はパン作りわかってますから

という目線ではなく

パンを焼くの初めてなんです

と、ちょっと緊張しながら教室に参加してる生徒さんを思いながら。


かと言って、それなりにパンを作れる人には
それって、 どうなの?と思われるかも知れませんが

案外教えてもらったことのない、細々ながらも大切なポイントを
たくさんちりばめておきました。
無駄なこと、間違ったこと。案外あるものですよ。


きっと、こんな簡単に作れるのかと思う方も多いかな。と。

パンって がんばって作ろう! って 意気込まないと駄目ですよね。

そんなことないのですよ。

それを感じてもらえると嬉しいです。



幸栄


生徒さんへ、サイン目下練習中です!笑




2012年 6月 20日 水曜日

今日は暑かった・・・

喉をやられてしまいまして
恐ろしいほどのだみ声、そして途中で
なんか水が変なとこに入って咳き込んでしまって
今日の生徒さん、ごめんなさいでした・・・。

「前からずっと来てみたいと思ってたんです」

ありがとうございます、うれしい!

その一歩を踏み出してくださったことに感謝。

よそのお宅にお邪魔して(しかも初対面)
パンを教えてもらおう!というのは
人によっては、勇気の要ることなのかもしれません。

私のレッスン受けたら、気が緩むかたも多いかもしれません。
ダメ出しなんて殆どありませんから。
でもちゃんと見てますよ。
やってはいけないことをやっていたら、そこはきちんと。


こうでなくちゃだめ!

っていうのがものすごく嫌いな私なんです。笑
だって、家で作ることで何が楽しいって
思いのままに作れること、「自分らしい色」を
手作りのパンに映せることが楽しいんじゃないかなぁ 。
と、私は思っています。



材料も、道具も、作業も、最低限。
それが日々に繋がるのではないでしょうか。

ハードルあげるのなんて簡単ですよ。
でも私は、そんなつまらないことはしたくない。

一人でも多くのひとに、パンをつくるたのしさと
そのパンのおいしさを知って欲しいのです。

子育てにちょっぴり疲れたお母さんも
是非いらしてくださいね。
自分の気も晴れて、家族も喜んで食べてくれるなんて
こんなしあわせな時間は他にないかもしれません。

パンの魔法。



来月のビール山食、焼き型込みのお値段です。
パンの初心者さん、是非どうぞ。

今日レッスンにご参加くださった、fremont さんのURLです。

http://www.fremontwork.net/

保育園のママさんたちー。
意を決して(笑)レッスン来てくださいね。

あ、サインは練習します。

ひとりごとでした。




2012年 6月 12日 火曜日

もう、届きましたでしょうか。



ecomom 6月号。
P38〜P40に出ています。
感想などいただけると、喜びます。


今日は次女と一緒に、雑誌の撮影でした。
飾らない方々と共に作りあげる、楽しい撮影でした。
発売は7月、発売日が近づいたらお知らせしますね。

こんなことしてる暇なんてないのに
ふーっと、脱力しております。
なんとなく、力が入らない。

人に与えられた生には、必ず限りがある。
時間を潰すなんて勿体無い。

大切な、わたしの時間。
もっともっと、きらきらしたものにしたい。




2012年 6月 10日 日曜日

いよいよです。



「少ないイーストで、失敗のないパンづくり」
(文化出版局)


アマゾンで予約もはじまっているようです。

感無量です。

綴りたいことは、山のようですが
出版日を過ぎてから
じっくり書いていきたいな、と思っております。

イーストの臭いがするのは仕方がない。
翌日固くなっても、おうちで焼いたから仕方がない。
曖昧にしてはいけないところをそのままにしていた、家庭パンレシピ。
翌日変わらず美味しいパンを焼くプロの技術を
私がしっかり噛み砕き、簡単なレシピに仕上げました。

おうちでも、おいしいパン。焼けますよ。




2012年 6月 6日 水曜日

申し込みましたか???


日経BP社 ecomom
お申し込み締め切り、今日ですよ。
ecomom interview 3ページにわたり、載せていただきます。
是非読んでくださいませ。



今日はとっても冷たい雨の水曜日。

気温は変われど、発酵は自分の速度で
じっくりと進んで、熟成して
ゆきます。不思議なものです。

人としての熟成も、じっくりでいいのかもしれない。
不思議なことに、世の中人と足並み揃えることが善しとされますが
それぞれ、自分の速度でいいのだと思う。

早いひともいれば、遅いひともいる。
それはそれで、自分らしくていい。
人と自分を比べる「視線」さえ間違えなければ
人の熟成速度を見つつ、自分を大切にしていけばいい。

ただただ漠然と時間を過ごすのだけは、勿体無いし意味がない。
自分の信念だけは強く持って、どんどん進んでゆく。
頭で考え、自分の感覚を信じて。




2012年 6月 4日 月曜日

土曜日、暑すぎず寒すぎず
とてもいい日和の下、長女の運動会でした。



小学校に入学して、はじめての運動会。
いやぁ、迫力ありました。
5、6年生ともなるともう、立派な大人ですね。
リレーとか、見ててついつい興奮しちゃった。笑
なんだか懐かしい感覚。

何かに一生懸命なこどもたちの姿は勇ましく
いっぱい元気をもらえました。
この子たちが生きていくこれからの日本。
もっともっと安心であって欲しい。
正直、そうとは言えない現状ではありますが
大人がしっかり現実を見つめて
しっかり守っていくべきだと思いました。

さ、今日からベーグルレッスンのはじまりはじまり。
6月もどうぞよろしくお願いいたします。


日経BP社 ecomom
お申し込み締め切りも、6月6日ですよ。
ecomom interview 3ページに渡り、載せていただきます。




2012年 6月 1日 金曜日



水無月、はじまりはじまり。

前半は、お抹茶ベースで
チョコレイトを巻き込むベーグルをお伝えします。

明日は長女の運動会なのですが
お天気、どうだろうなぁ。

保育園のときの運動会は
お昼過ぎに終わるし、
お弁当もいらないし。

小学校の運動会は
お弁当を囲む時間があるんですよねぇ。

明日、晴れますように。

書籍のこと
色々どんどん決まってきました。
発売日はまだ決まっておりませんが
6月末日、ということで!

あっ!あと。
日経BP社 ecomom
お申し込み締め切りも、6月6日ですよ。
ecomom interview 3ページに渡り、載せていただきます。

あ、6日って
金星が太陽面を通るのが見える日ですよね。
なんか素敵ですね、うれしい。




2012年 5月 30日 水曜日




明日で、皐月もおしまい。
こんにちは、水無月。

そう。
自家製レーズン酵母とイーストを併せて焼く
ちょっと新しいパンのレッスンがはじまります。
(ご予約いっぱいいただいてます、多謝)

私はイースト肯定派です。
イーストのパンがまずい、というのは
イーストを上手に使ってあげることができていないからです。

間違ったイーストの使い方でパンを焼いて
頭ごなしに嫌うのはどうかなぁ、と思います。
酵母は英語で、yeast です。
そういうことなんです。

私のパン作りのテーマは
「日々になること」

いかにハードルを下げ、日々に取り込むことができるか。
なので無理がなく簡単であること。
そして経済的であるということ。

今日は、fremont の owner さんとお話会。
楽しいことを企てております。


理屈で固めて、難しい必要なんてない。
簡単で楽しければ、それでいい。




2012年 5月 29日 火曜日


BODY WILD UNDER WAVE
パパパン パンツをつくろう!
無事、楽しく終了しました。

たくさんの方々にご参加いただきました。
そして、たくさんの笑顔でした。
心より、ありがとうございました。

帰り際に
「また来年」
なんて、うれしいお言葉も頂戴しました。
うれしかったなあ。

そしてそして・・・
私がとっても楽しみにしていた・・・
幸せ屋のうさぎさん!



か、かわいい・・・
かわゆすぎる・・・
(私のにやけ顔、ご容赦くださいませ)


このイベントで、たくさんの方々と出会いました。
全てが貴重な出会い、そして貴重な体験となりました。

もっともっとやってみたいこと、増えてきました。

私にしかできないこと、きっともっとたくさんあるはず。

さあ!明日ももっとがんばるぞ。
いよいよレシピ本の発売日も決まりそうです。




2012年 5月 26日 土曜日


BODY WILD UNDER WAVE
パパパン パンツをつくろう!
初日、無事終わりました。



たくさんの方々にご参加いただき
とってもにぎやかな時間となりました。
心から、ありがとうございました。
明日もやります、11時半〜、14時半〜
どうぞご参加くださいませ。


最後のワークショップの後は、もうこれで終わりというのもあり
なんとなくまったりした空気で片付けなどをしておりました。
そこでお子さま連れの方々とお話をさせていただいたり
かわゆいお子さまと一緒に写真まで撮ってもらっちゃって。
ありがとうございました。


「このパン、とってもおいしい!」

嬉しい言葉まで頂戴しました。

そうそう、私がパンを続ける理由はこれだけ。

パンを作って、パンを食べて生まれる その笑顔が好きだから。




2012年 5月 25日 金曜日


いよいよ、明日ですよー。



BODY WILD UNDER WAVE
パパパン パンツをつくろう!
一緒に、お顔のパンを作りましょう!
パンツのお値段込みの参加費ですよ。

ご予約  (03)3409-6891
 まで。

使い慣れていないオーブンと今日、格闘してまいりました。


ちょっと今日とある出来事があって。
感じたこと。


下をむいて前へ進むと、目に映るはアスファルトや土ばかり。
前をむいて進むだけで、飛び込んでくる色やかたちは無数になる。

そりゃみんなしんどいよ、楽ちんに生きてるひとなんていないよ。
だから私はすこし上を向いて歩くんです。




2012年 5月 23日 水曜日


ででーん。



BODY WILD UNDER WAVE
パパパン パンツをつくろう!
一緒に、お顔のパンを作りましょう!
パンツのお値段込みの参加費ですよ。

ご予約  (03)3409-6891
 まで。


イベントの買出しや準備で
今日は、あっという間に過ぎました。
人前に出るのがとても苦手な人間ですので
実はとっても とっても 緊張しているのですよ・・・。
緊張でかちんこちんの幸栄を冷やかしにいらしてください。



今日は、もうひとつ作りものを。
作りものってほどでもないけれど
月謝袋を、という声がありまして
お店で少し探してみましたが
どうも、ときめかない。

なので、作っちゃいました。



なんなんでしょうか、この性分。

探すより作るほうが早い!
って脳から指令。
そして、即行動。
ええ、せっかちですから。


あとは、自分でつくりあげた喜び。
買ってしまえば簡単ではありますが
やはり自分らしさはそこには映らない。

パンもそう。
教室でご提供しているレシピは、私がつくりあげたもの。
そう、私の好みを推しているようなものです。

なのでいつも
自分でレシピを作れるようになって欲しいな、という思いで
全ての生徒さんにレッスンをしていてます。


日経BP社 ecomom ご存知ですか?
登録すると、無料で自宅に届くフリーマガジンです。
来月配布の本誌にて、インタビュー記事を載せていただきます。

その時お世話になったエディターさんのコラムに
私の話したことを、書いていただきました。感謝。

リンクはこちらです。




2012年 5月 19日 日曜日


趣味って何だろう?


ね、何だと思います?
無趣味な自分と葛藤なさってる方に、問うてみたい。
それ、10年程前の私のことです。笑

そして趣味って言葉はあまり好きではありません。

無趣味なひとの人生は退屈。
みたいなひねくれた見解、蔓延してませんか?
(自家製酵母のパンは美味しくてイーストのパンは不味いみたいな・・・)

たとえば、空をじっくり眺めることとか
大好きな人に葉書きを書くこととか
人がどう感じようと、自分が好きなことがあるならそれでいい。

私ですか?
私、パンが大好きです。
大好きなことがお仕事だなんて、本当にしあわせだと感謝しています。
大変なことは山ほどありますが、それも前向きに捉えることができる程。

まあ、強いて言えば 趣味はパンです。

その他、クラシック音楽を聴いたり器を見るのも好きですが
驚くほど詳しくありません。
ただただ好きなんです。
あぁ好きだなって感じるから好き。
それだけなんです。

理由なんて、要らない。




BODY WILD UNDER WAVE
パパパン パンツをつくろう!
一緒に、お顔のパンを作りましょう!
パンツのお値段込みの参加費ですよ。

ご予約  (03)3409-6891
 まで。




2012年 5月 18日 金曜日


手について話しました。
話したってほどしっかりで
はないかな、ちょっと話に出たってくらい。

「こんな手じゃあ」

私の師匠の手はとても厚く、そして荒れてます。
でも私は、「こんな手」だなんて思ったことがない。
美しく素敵で、つい見入ってしまう手なのです。

職人の歴史が刻まれてる、というのは
キャリアよりも、結果よりも
その手にあるような気がします。

彼女の手からは
数えきれないほどのパンが生まれてきました。
きっと辛いこともあったでしょう。
でも、パンが大好きで大好きで仕方がないと
その手が無言で語っているのです。



私の手なんて、ほんとうに恥ずかしい。
まだまだひよっこ、青二才の手。





2012年 5月 16日 水曜日


言葉という名の酸素を頂戴して、私は息をしています。

感謝すべき、素敵な方々がまわりにいてくれて
んん・・・と思った時は、ひとりでくよくよせず
お願い、聞いてください!と すぐにメールを送ります。
お忙しいと思います、でもみなさん丁寧にメールを返してくださいます。
(いつも本当に感謝してます・・・)

普通って何?
足並み揃えるって、そんなに大切?

私を奮い立たせる言葉をくださった、大好きな方とのメールのやりとり。
その内容だったのですが。

ぴったり整列、足並み揃えるって
そんなに大事なことなのかなぁ、って思います。
(平等の使い方が、なんだか違う気もする。)
それは大人の社会においても、子供の社会においても言えることで。

我が子は、あたまひとつふたつ出ているくらいでいて欲しいなと思います。
社会の最低限のルールに背くことなければ、きっとその他は個性なのだろう。
我が子を「型」にはめたら、そりゃ親は楽でしょう。
でも子供は所有物ではなく、あくまで一個人。
「彼女」なのです。
「彼女」たちは、遅かれ早かれ自分で道を切り拓いて
それはもう 立派に成長することでしょう。

そのために私がしなくてはならないことは
「彼女」が見るであろう「親の背中」を、立派なものにすること。
それだけなんじゃないかな。

自分が大好きなことを一生懸命やっていれば
子供はそれを見て、何かを感じる。言葉なんかなくても。
苦しいことだって山のようにありますよ。
でも大好きなことがあるって、なんて幸せなことなんでしょう。



6月のご予約、たくさんいただいてます。
いつもありがとうございます。
感謝でいっぱい。




2012年 5月 15日 火曜日


朝は試作とお店でちょこっとお手伝いを終え
午後から、原稿に向かう。


「どうしてパンだったのでしょう?」


これ、よく聞かれることなのですが。

好きなものに理由はないです、好きだから好きなんです。

なんて、持論でクールに決めてみたいものですが
理由をぼんやりと考えてみました。
(深く考えすぎると、お飾りがいっぱいくっついてきちゃいますからね。)

やはり、毎日違うから。でしょうか。

天気、温度や湿度。
私の体の調子までも影響してしまう。

今日はいいこだねえ。
なんてパン生地に話しかけてしまう日もありますから。



きっと、パンづくりを楽しいと思えない方もいらっしゃるでしょう。
人それぞれなように、しっくりくるものもそれぞれ。

その、しっくりくるものに出会えるまでが難しい。
すんなり見つかる人もいれば、もがき苦しむひともいる。

私はどちらかといえば後者ですが
出会えたことに心から感謝。




そして、師匠と出会えたことにも感謝。
師匠のおかげで、今の私が在ります。

私のまわりの大切なみんなみんなに、大感謝。





2012年 5月 14日 月曜日


月曜日の朝、いつも聴いているクラシックのラジオ番組からこんな言葉が。


美しいものに触れて流れる涙


その時の私はというと。
車を走らせながら、新緑と青空の色を見つめながら
なんとも言えない胸の感覚を楽しんでいました。
ラジオからその言葉が聞こえたとき
まさにこれだ、という喜びと同時に私の目には。

言葉や音楽が与える感動や喜び。
それをこのラジオ番組からいただいてます。

去年のことですが。
マーラーの交響曲第9番の演奏を聴く機会がありました。
元々クラシック音楽は大好きなのですが、マーラーに触れる機会は余りなく
予習もせず
ほぼ無知な状態でホールへ。真ん中の後方の席に座りました。
 
クラシックコンサートはとても久しぶりでした。
あのぴーんと張り詰めた空気が漂う空間は、何とも気持ちがいいものです。

そして演奏を聴き終えた私の目には。


あの演奏を機に、私の中では何かが変わりはじめました。


私の仕事は、おうちでおいしいパンを日々にすることです。
パンでひとを感動させることは難しいかもしれませんが
たくさんのひとを笑顔にすることは出来るだろう、と。

難しくて、失敗ばかり。
それじゃパンづくりが楽しくなくなってしまう。

失敗がなく簡単に、気負いなく作れるパンづくりをお伝えしたい。
そのためには、私がしっかり学ぶこと。
簡単に伝えることは、何よりも難しいことだから。



100人みんなが、私のパンを受け入れてくれるとは限らない。
だから1人でも多くのひとに受け入れてもらえるように
コツコツ、自分を信じてがんばるだけ。
ちょっと自分のことを、過信するくらいで。